本文のエリアです。

  1. HOME
  2. 小型集塵機の用途別選定(付着している塵を捕る)

小型集塵機の用途別選定(付着している塵を捕る)

エアブローして塵を捕る

エアブローせずに塵を捕る

エアブローして塵を捕る

梱包前の携帯電話などの表面に落下したゴミの吹き飛ばし集塵と除電

梱包前の携帯電話などの表面に落下したゴミの吹き飛ばし集塵と除電

上図は比較的大きなほこりが落下するのを防止、または吹き飛ばし 同時にほこりが付着しにくいように除電している

この場合除電器と反対側で側方集塵するほうがよいが、周りに飛び散るのを嫌う場合は囲い式で上方から集塵するのがよい

パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

チップ、センサなどの電子部品の付着微粒子の除電エアーブロー集塵

チップ、センサなどの電子部品の付着微粒子の除電エアーブロー集塵

表面に付着している3~数十ミクロンの落下粒子を集塵
0.3MPaまたは基材が許されるのであればそれ以上の圧力でブローし、同時除電するため囲い式で粒子が飛び出さないようにし、集塵する。

囲い式でエアブロー(除電)したほこりがエアーと一緒に出入口から飛散しない様
出入口のスピード(風速)を4m/s以上を目安としエアー圧に比例して吸引量を変える

パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

パチンコ台の表面ゴミの除電エアーブロー集塵 

パチンコ台の表面ゴミの除電エアーブロー集塵 

比較的大きな粉塵付着を吹き飛ばし集塵。周囲にゴミが飛び散るのを防ぐための囲い式か、左図のような上方式吸引がよい。

左記のイラストでは除電ブローと吸引フードがバラバラでブローしたほこり(粉塵)を同時に吸引する必要がある
フード内に除電ブローを設け上方フードを基材より大きくし吸引する

パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

メーターパネルへの付着ほこりの除電、エアーブロー集塵

メーターパネルへの付着ほこりの除電、エアーブロー集塵

メータパネル組み立て後表面に付着したほこりの吹き飛ばし集塵
上記のように囲い式がよいが、ラインで流れてくるため囲いトンネル式がよい
基材が右から左(または逆)へ流れ流れ方向以外を囲う。
パルス除電エアーブローと上方集塵がよい

パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

印刷パウダーの浮遊粒子の集塵

印刷パウダーの浮遊粒子の集塵

フィルム表面に付着したごみをエアーブローで吹き飛ばし集塵
囲い式にて周りに飛び散らないようにする。開口部で入り口開口で 1~2m/Sの風速が必要

パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

飲料用ボトルキャップの付着ゴミのエアーブロー集塵

飲料用ボトルキャップの付着ゴミのエアーブロー集塵

キャッにエアーブロー上方で集塵、やや大きめのフードで周りに巻き散らかさないようにする。

フード内にエアーブローノズルを挿入して吸引、上方吸引

パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

化粧ビンフタ、コンパクト表面の付着ほこりのエアーブロー除電集塵

化粧ビンフタ、コンパクト表面の付着ほこりのエアーブロー除電集塵

囲い式にて(入り口、出口開口)除電ブローで付着落下粒子を舞い上がらせ集塵(比較的大きなほこりなどが対象)

出入口での吸引風速5m/s以上
ブロー圧力に比例

パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

基板表面除電エアーブロー集塵

基板表面除電エアーブロー集塵

基板上に乗っている金属、樹脂ゴミで比較的大きなごみを取り除く
除電エアーブローで吹き飛ばし上方フードで集塵(上記フードはやや小さくもう少し大きくとったほうがよい)

 

除電ブローエアー圧力が高い場合囲い式にするほうが外への飛散を防止できる

パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

基板表面の付着微粒子の除去

基板表面の付着微粒子の除去

付着20μ~50μ

高速エアーブローと除電で上部で吸引 囲い式フードで外に粒子が飛び出さないように集塵する。

フードと下部素材などの隙間の風速を5m/s以上として、フードは小さすぎるとエアーブロー空気が隙間から漏れる可能性がある。

パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

IRフィルタガラス張り合わせ時の機器からの落下微粒子の集塵

IRフィルタガラス張り合わせ時の機器からの落下微粒子の集塵

付着粒子の大きさや、付着状況により吸引方法が異なります。
比較的大きな粒子30ミクロン以上の落下粒子であればエアーブロー吸引と除電により除去は可能

10ミクロン以下ではエアーブローは超音波が必要 同時に集塵
両者とも囲い式上方集塵が望ましい。

パーティクルの捕り方は?
IRフィルタガラス張り合わせ時の機器からの落下微粒子の集塵
パーティクルの捕り方は?
IRフィルタガラス張り合わせ時の機器からの落下微粒子の集塵
パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

携帯電話 塗装前の表面微粒子の除電、エアーブロー集塵

携帯電話 塗装前の表面微粒子の除電、エアーブロー集塵

浮遊粒子を落下させないように集塵
側方又は上方フードが望ましい

パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

成型金型のエアーブロー集塵

成型金型のエアーブロー集塵

金型の付着ゴミの除去
側方フードで集塵 浮遊粒子を対象

パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

素子の除電ブロー集塵

素子の除電ブロー集塵

付着 微粒子の除去

パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

容器の付着ほこりのエアーブロー集塵

容器の付着ほこりのエアーブロー集塵

落下したほこりを吹き飛ばし除去 上方フードで再落下しないようにする

パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

ペットボトル内のゴミのブロー集塵

ペットボトル内のゴミのブロー集塵

エアーブローした再に舞い上がる落下ゴミをボトル入り口で吸引集塵し、最落下しないようにする。

 

 

詳細を見る

ページのトップへ

ハードディスク内の付着ゴミのエアーブロー集塵

ハードディスク内の付着ゴミのエアーブロー集塵

ハードディスク内に残ったゴミを除去する
上図はラインで連続して流れてくるのを除電エアーブローしながら吸引集塵 上方式か囲い式フードにて集塵

下図はバッチ式で人が個々にエアーブローし下部フードで集塵する。飛散しないように後方、左右に囲いを設け、飛び散らないようにする。 フード大きさは□300程度

パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

自動車バンパーのほこり付着の除電エアーブロー集塵

自動車バンパーのほこり付着の除電エアーブロー集塵

樹脂バンパは帯電しやすい為ほこりを付着させやすい。除電ブローしながら同時集塵することにより、ほこりの付着、再付着を防ぐ。
巻き込み塗装による不良を低減

 

 除電ブロー時に舞い上がるほこりを上方、又は側方にて吸引
ノズル幅はバンパー長さより長くする。

パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

DVDディスクの微粒子の除去

DVDディスクの微粒子の除去

エアーブロー+集塵により落下付着したゴミを取る

パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

パーツフィーダ除電集塵

パーツフィーダ除電集塵

小部品に付着しているゴミをエアーブロー(同時除電)同時集塵
本図は上方からのフードになっているが、下方フード(ホッパー式)が可能であれば効率は上がる

パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

エアブローせずに塵を捕る

レーザープリンタ トナーカートリッジローラのゴミ取り

レーザープリンタ トナーカートリッジローラのゴミ取り

プリンタのローラをブラッシングしながらゴミを取る。専用ケースなどの入れて集塵
水などでの洗浄集塵も同上の方法

ケース自体を専用フードとしている

 
詳細を見る

ページのトップへ

フィルム表面のほこりの除去集塵

フィルム表面のほこりの除去集塵

フィルムに印刷する前に表面に付着したごみを除去集塵、40ミクロン以上のほこりなどでは、ブロー集塵で情報吸引がよい。
数ミクロンの場合超音波式などを検討する必要がある。

パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

ペットボトルラベルの穴開け時の集塵

ペットボトルラベルの穴開け時の集塵

穴あけ後直近で表面に落下しないように高速集塵する。
ラベルが吸い込まれないようにテンションを張り50~70m/sレベルで集塵
搬送速度により吸い込みスピードを変える必要がある。
上方ノズルフードにて集塵

パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

ラベル貼り付け時の浮遊粉塵の集塵

ラベル貼り付け時の浮遊粉塵の集塵

ベル貼り付け時の浮遊ほこりを集塵
この場合上から落下してくるの防ぐには素材より上側で側方フードで集塵する。

 

貼り付け時フィルムをカットする際に出るごみが付着しないようにするにはラベル幅程度のフード高さを有した側方フードにて集塵

側方フードとの距離は50㎜位迄に接近
フードは素材より大きくする

パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

リチュームイオン電極表面の金属粉の集塵

リチュームイオン電極表面の金属粉の集塵

リチュウムイオン電池を構成する正極と負極巻き取る際に両素材から出る微粒子を集塵
ノズル形の吸引でフィルム(素材)の上に付着している微粒子を集塵、ローラ部上でノズルが素材を吸込まないように吸引、ノズルとの距離は2mm程度が望ましい。

パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

成型部品の除電及び浮遊粉塵の集塵

成型部品の除電及び浮遊粉塵の集塵

浮遊粒子を基材に落下させないように、側方、又は上方で集塵
集塵後は除電し再付着を低減する。

パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

薬計量時の浮遊粉集塵

薬計量時の浮遊粉集塵

周りに飛ばないように側方フードにて集塵
吸引速度ははかりの計量値に影響させないように集塵機吸引能力は吸引できる最小値で吸引させる。

パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

薬計量時の飛散微粒子の集塵

薬計量時の飛散微粒子の集塵
パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

ペットボトル搬送時の浮遊粉塵の集塵

ペットボトル搬送時の浮遊粉塵の集塵

表面に付着するゴミやボトル内に落下しないようにする。
囲い式がベスト

パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

基板分割機の穴開け粉塵の集塵と吸着

基板分割機の穴開け粉塵の集塵と吸着

下方集塵がベスト、粉塵量が多くフィルターバックなどで捕集すると後処理が簡単。

パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

粉体圧縮成型時のはみだした粉の集塵 

粉体圧縮成型時のはみだした粉の集塵  付着

粉末剤をプレスで圧縮して錠剤にする工程で粉が型枠からはみ出し、色混ざりの原因になる為、表面に残った粉を集塵する。
スリットノズルなどのようなノズル式で高風速で吸引する。

パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

プリント基盤穴開け後実装後の表面のゴミ取り除電エアーブロー集塵

プリント基盤穴開け後実装後の表面のゴミ取り除電エアーブロー集塵

目視検査の前に除電エアーブロで離脱させて同時集塵
囲い式で集塵することで、飛散・再付着を防止する。

パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

圧入部品圧入時のこすれ粉じん集塵

圧入部品圧入時のこすれ粉じん集塵

樹脂部品への圧入時にこすれて発生する粉塵は素材に付着してその部品自体の不良の原因となる場合がある。圧入前後で発生する粉塵が付着しないように近距離で高速吸引する。上記のようなノズル式で上方吸引がよい
吸引スピードは20m/s以上 ただし基材が吸引により影響を受けないようにする。

パーティクルの捕り方は?

ページのトップへ

ダンボールケース切断時切断粉集塵

ダンボールケース切断時切断粉集塵

ダンボール切断時に発生する粉塵が表面に盛り上がって付着するのを防ぐ為、出来るだけ切断付近でノズル式で高速吸引する。

上方ノズルで集塵
ダンボールを吸い上げないように下側で素材を吸着し、ノズル吸引風速は30m/s以上必要。

パーティクルの捕り方は?

サイドメニューのエリアです。

ページのトップへ