テスト機お申込み、該非判定書発行、修理依頼についてはこちら

お問い合わせ

電話番号:072-720-5151

電話受付 9:00~18:00

ENGLISH
  1. ホーム
  2. 集塵機ラインアップ
  3. 【CFP-1500 CHP-5000】レーザー加工用
  4. CHP-5000AT3-DSA-UD

CHP-5000AT3-DSA-UD

  • 超高圧型
  • AT3パネル
  • 逆洗式
  • 標準でRoHS対応
  • 所定納期内でCE対応
  • クリーンルーム内に設置対応

他社にはない、「超高圧型レーザー集塵機」です。直近にて、飛散するヒューム+粉塵を集塵します。超高圧型で負荷に強く、分岐での集塵や細い配管吸込口にも適しています。

AT3パネルについて詳しくはこちら

粒子捕集の構造と特徴

(1)1次フィルタ

■独自の巻き上げ機構により、ゼオライトをプリコートします。【特許取得済み】
レーザーによる極微細な粉塵や粘性のあるヒューム集塵しても フィルタの長寿命を実現。
テフロンフィルタでより剥離性がアップしました。

吸引ブロアにより、吸引された空気中のヒュームや 微粉塵は、ゼオライト吹き上げ口から舞い上がり、 同時にゼオライトを巻き上げながらフィルタに積層 させます。

塵落とし機能 【パルス式】

当社独自の連続パルスエアー(圧縮空気)洗浄を搭載しました。

(2)ブロア

リリーフバルブ搭載で、一定の圧力以上になると作動し、ブロアを熱から保護します。

(2)活性炭

脱臭用活性炭をオプションで搭載可能です。

新機能『UD』を採用

1次フィルタ室のメンテナンス時に、1次フィルタ室上部 (パルス室・ブロア制御室)を手動で昇降でき、 1次フィルタ室を簡単に取り出すことができます。

ダストトレイ

上下リフト機構を採用し、簡単に脱着が可能です。 ダストトレイにキャスターを取り付けているため、軽々と 引き出すことができ、粉塵の廃棄・ゼオライトの交換が 容易にできます。

大型点検窓

ゼオライトの巻上げ状況、パルスジェットの払落し具合、 吸引状況や、フィルタの状態など、大型点検窓から確認 できます。

制御(付属品別売)

リモートコントロール

リモートケーブル(別売/型式 : MT-173-8(3m))を使用する事で、周辺機器と連動した遠隔操作が可能になります。
  • 運転のON/OFF
  • 能力レベル(風量)変更

遠隔操作で能力レベルが変更できるようになりました。能力レベルを変更する毎にレベルが記憶される為、常に前回の使用レベルを呼び出します。また、運転信号・フィルタ目詰り信号・圧力信号・異常信号の出力が可能です。

イーサネット・RS-485

AT3パネルで制御できる全ての機能を、イーサネットやRS-485通信を用いることで、PC制御が可能となりました。

必要風量計算式

Q : 必要風量(m3/min)
Vc : 制御風速(m/sec)・・ ・下図参照
X : 距離(m)・・・・・・・・粉塵発生源から吸込口までの距離
A : 開口面の面積(m2)・・・L×W
風量 Q=60 x Vc x (10 x X²+ A)

フード 制御風速
囲い式フード 0.4
外付けフード 軽い粉塵 0.5
ヒューム 0.25
重い粉塵 0.75
外部の空気の流れに影響を受けている場合 1.0

外形図

仕様一覧

出力 5000W
電圧・相 200V 三相
200-230V対応 標準
CE対応
周波数 50/60Hz
定格電流 26.5A
最大風量 10㎥/min
最大静圧 18kPa
騒音値 68-74dB ※1
吸い込み口(ホースサイズ)大きさと口数 Ф100×1
圧縮エアー消費量 25L/min(差込口φ8)
圧縮エアー圧 0.45〜0.55Mpa
パネル AT3
電源コード -
リモートコントロール機能 ※2
イーサネット・RS-485 通信機能 ※3
クリーンクラス -
集塵可能量 31.5L ※4
質 量 293kg
本体寸法(D×W×H) 830×770×1655mm
  • ※1 吸込み口にホースを接続し、本体より1m離れた任意の点でAスケール(dBA)で測定した値です。
  • ※2 リモートコントロール機能をご使用の際には、別売のリモートケーブルが必要です。
  • ※3 オプション対応となります。
  • ※4 集塵可能量は、引出容量の約70%を目安としています。

内容は予告なく変更する場合があります。

フィルタ仕様

1次フィルタ CS-200-500-75P-R 本数:4本
ゼオライト ZEO-13000(13.0kg)