テスト機お申込み、該非判定書発行、修理依頼についてはこちら

お問い合わせ

電話番号:072-720-5151

電話受付 9:00~18:00

ENGLISH
  1. ホーム
  2. よくあるご質問
  3. 集塵機の静圧とは?

集塵機の静圧とは?

単位:kPa

気体の流れに平行な物体の表面に及ぼす圧力で、 四方八方に均等に働く圧力の値です。

 



JISでは、圧力単位はパスカル(Pa)で表しますが、集塵機の静圧の単位としては、キロパスカル(kPa)を使用しています。
ゴム風船のように空気が静止した状態で、内部から押し出す力が静圧です。



  • Pd:動圧 =γV2/2g
    Q :風量 =60VA  ∴ V=Q/60A
    λ:管摩擦係数  (0.02とする)
    L :ダクトの直管長 (m)
    D :ダクト径 (m)
    γ:空気密度 (20゚C で 1.2kg/m3)
    g :重力加速度 (9.8m/s2)
    V :管内風速 (m/sec)
    A :管内面積(㎡)
    ζ:ダクト損失係数:(ダクトホースの場合2.0~2.3程度)

 


上記の計算式で注目して頂きたい点は、動圧※は管内風速の二乗に比例することから、風速によって動圧は変化し、静圧は動圧に左右されることがわかります(つまり管内面積が小さいほど高い静圧が必要)。
また、動圧が同じであれば、ダクト長さとダクトのφによって大きく影響を受けるということです。そして、粉塵とダクト径が同じであれば、ダクトホースが長いほど高い静圧が必要になります。
効率よく集塵する為の第二関門は、粉塵の発生源から集塵機までの距離(ホースの長さ)をどれだけ近づけるかということになります。
(※動圧のことを速度圧とも言います。)


静圧・動圧・全圧(総圧)について補足説明

圧力は大気圧を0にとり、この基準に比較して高い圧力を「正圧何Pa」といいます。 風圧の中には「全圧(総圧)」、「静圧」、「動圧」があり、ダクト内の空気では、表面に及ぼす圧力を静圧、流速によって生じる圧力を動圧といいます。単位はPaで表示します。


静圧 (static pressure) : Ps とは、流体が実際に外界に及ぼす圧力。流速が0になる点(淀み点)での静圧を特に、淀み点圧と呼び動圧が0となるため、淀み点圧は全圧(総圧)に等しくなります。


動圧 (dynamic pressure) : Pdとは”圧”という語が使われていますが、流速(風速)による運動エネルギーの上昇分です。圧力ではないため動圧を直接測定することはできません。 総圧 (total pressure) : Ptとは、 Ps + Pd 動圧と静圧の和です。


よくあるご質問一覧